忍者ブログ

非現実的な話

ゲーム、UnrealEngine4などの話題を取り扱います。取り扱う内容は個人の範囲で調べたものなのでご利用は自己責任でお願いします。

JAEXPO2015

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

JAEXPO2015


今、アーケードが熱い!

ということで、昨日開催されたアーケードゲームの祭典「JAEXPO 2015」に参戦。
個人的な調査レポートをつらつらと纏め。

 



①来場者からみるACゲーム

来場者数の統計はこちら↓のサイトから。
http://www.jaepo.jp/pdf/result.pdf

まず注目すべきは一般来場者の数。
昨年比約3倍と、プレイする側の注目度が増しているのは明らか。
公開されていた前情報として、

・音楽ゲーム新作盛りだくさん
・スマホゲームからの移行多数
・ビッグタイトルの公開

このあたりが注目度の高さに繋がっていると思われる。


ビジネス、PRESS来場者も1.5~2倍増。
上記要素に加え、新しい技術の進出などによる注目度によるものと推測する。
アーケードゲームは「衰退している」と揶揄されていたが、決してそのようなことは無かった。




②UnrealEngineからみるACゲーム
さて、今回はUnrealJPさんのTwitter情報によると、5つのゲームがUnrealEngine採用タイトルとして出展されているようだ。Web情報も踏まえ、各ブースにて確認。

【採用確定】
・鉄拳7(バンダイナムコゲームス)
 前情報として様々なサイトで公開されていましたが、UE4採用タイトルで確定。

・タイムクライシス5(バンダイナムコゲームス)
 ゲーム内画面にて確認、3月稼働開始。

・ナレルンダー!仮面ライダードライブ(バンダイナムコゲームス)
 こちらもゲーム内画面にて確認、15年春に稼働開始。

【ほぼ採用確定】
・スクールオブラグナロク(スクウェア・エニックス)
 Webにて情報を確認、ライトとかマテリアルの質感がUnrealっぽい。

【おそらく採用】
・ディシディア ファイナルファンタジー(スクウェア・エニックス)
・ボーダーブレイク スクランブル Ver.4.5(セガ)
・DEAD OR ALIVE 5 Ultimate Arcade(セガ)

ここらへんはあくまで予想。
ゲーム内画面、Unrealの特性、稼働開始日もろもろを踏まえた上での推測で。
アーケードでもUnrealEngineの採用タイトルがどんどん増えてきてますね。
あ、あくまで個人で調べた範囲なので、信憑性は怪しいです。




③本体価格からみるACゲーム
 単位は万で、一台あたりの本体価格概算。
 実際にはネットワーク構築、機器設置、カスタマイズ等でもっとかかるんでしょう。
 個人で購入できる価格・・・かとおもいきや、個人だともっとかかります。
 というよりも、売ってくれないでしょうね。
 意外と箱筐体の頃から値段がそんなに変わらないにも関わらず、中身(ゲーム部分)の価格だけが上がっていくのはどうなんですかね。うん、開発者の汗(と血と涙)が漏れなく大量に入っているんでしょう・・・

(セガ)
・艦これアーケード:100
・ルイージマンション アーケード:258
・UFOキャッチャー9:92
・え~でる すなば:83

(スクウェア・エニックス/タイトー)
・ロードオブヴァーミリオンⅢ:88
・ガンスリンガー ストラトス2:77
・パズドラ バトルトーナメント:144 (2台)

(バンダイナムコゲームス)
・ポッ拳:90 (2台)
・妖怪ウオッチ ジバニャンといっしょ 妖怪ウォッチ コマさんといっしょ:100
・シンクロニカ:120


④ゲームからみるACゲーム
 国内メーカだと、以下の傾向。
 ・自社IP、自社コンテンツを使用したゲーム
 ・スマホゲーム、コンシューマから移植のゲーム
 ・タイトル、シリーズもの続編

 ジャンルだと、以下の住み分け。
 ・音楽ゲーム、カードゲーム、格闘ゲーム:鉄板
 ・ビデオゲーム:新鋭多数
 ・キッズ向け:大穴
 ・メダルゲーム、プライズ:安定
 ・スポーツゲーム、ギャンブル系:ほぼ無し

 海外メーカも少し見られたが、動物をモチーフとしたゲームが多い。
 海外メーカの参入は確かに厳しい反面、0ではないということが判明した。
 国内から海外というケースは最近見られるが、海外から国内はまだ聞かない。
 でもアジア圏はオンラインゲームが豊富なので、付け入る余地があるかもしれない。


というわけで、ひと通りJAEXPOを回った感想は「今、アーケードが熱い!」。
個人的には、今後の流れとして以下を予測。
 ・カードゲームは今後も勢いあり
 ・オンライン/スマホゲームからの移植は更に増
 ・メダル/プライズは引き続き安定
 ・省スペース、省電力等筐体のスマート化
 ・クレジットカード連動

昔の「不良の溜まり場」というイメージから、ACゲームが遊びやすい環境になっていくかと。

コメント

プロフィール

UnrealEngine4について調べる。
ゲームはそんなに得意ではない。

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

  • [PR]
    PR