忍者ブログ

非現実的な話

ゲーム、UnrealEngine4などの話題を取り扱います。取り扱う内容は個人の範囲で調べたものなのでご利用は自己責任でお願いします。

【UE4】Kinect4UnrealInctroductionの件

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【UE4】Kinect4UnrealInctroductionの件


本日はKinectの話。
サンプルとして新しく追加されている「Kinect4UnrealInctroduction」を動かしてみました。



ランチャーからDLするだけだと起動時に「プラグインが無いです。」と冷静なツッコミが入るので、プラグインも一緒にDLします。「Kinect4UnrealInctroduction」の下の方にURLがあるのでポチるとDLが開始します。

で、プラグインのDLが完了したらプロジェクトのフォルダに配置します。
例のごとくPluginsフォルダを新規作成し、その中に配置します。

 

以上で準備完了。
これでプロジェクトを起動することができるようになりました。
(プロジェクト名が20文字オーバーなのでさらに警告入りますが、そこはスルーします)

====================================================

・Kinectのおさらい
 ざっくりと以下の情報が取得できます。
 Color(色)、Depth(深度)、人数、ジョイントしている人の関節(Rotation、Location)、
 手の開閉(グー、チョキ、パー)、マイク音量などなど。
 詳しくはこちらのサイトに記載されています。
 で、これらはSDKで提供されているものなので、本プロジェクトで提供されているPluginが全て対応しているかはわかりません。なので調べる。
 
====================================================
1.Introduction
 
 ジョイントすると各関節の位置が表示されます。
 赤線がカメラの認識できる範囲。


2.Rotation and Delta Position

 両肘のRotationが取れます。


3.Camera Feed and Audio

 マイク音量、カメラの地面に対する垂直角が取れます。
 

 輝度、カラー、深度情報が取れます。
 
4.Additional Featuires

 その他の機能としてAnimationBlueprintやBlendを使用した例が載っています。

以上。

  

最後にOculusを装着してFPSを計測してみたところ35fpsしか出ませんでした。
Kinectなしだと120fps、Kinect接続時は90fps、Kinect+Oculusで35fpsまで下がります。
もうちっと改善したいところ。

今回の「Kinect4UnrealInctroduction」を触ってみて、一通り基本的な機能がPluginに実装されていることを確認できました。しかし全部BPからしかアクセスできないので、C++側からは触れない模様。ソースも非公開。

有料版の「Kinect4ExampleContent」も購入して触ってみたので、
近いうちに解析したいところ。

コメント

プロフィール

UnrealEngine4について調べる。
ゲームはそんなに得意ではない。

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

  • [PR]
    PR