忍者ブログ

非現実的な話

ゲーム、UnrealEngine4などの話題を取り扱います。取り扱う内容は個人の範囲で調べたものなのでご利用は自己責任でお願いします。

【UE4】コンソールコマンドの件(displayall 編)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【UE4】コンソールコマンドの件(displayall 編)


「何か動作が重いんだけど・・・」
「ちょっとここのパラメータを調整したいんだけど・・・」

このような日常の疑問を解決してくれるのが「コンソールコマンド」。
UE4はコンソールコマンドが充実している。
で、最近の一番テンションが上がったのが「Displayall」コマンド。



Level上に存在するクラスを見ることができます。
で、使い方がこう↓。

「displayall <クラス名>」



例えば、敵クラス(EnemyBase)を見る時はこう。





さらに凄いのが、そのクラスのメンバもリアルタイムに見ることができること。
使い方はこう↓。

「displayall <クラス名> <プロパティ>」

<プロパティ>にはメンバの変数や構造体を記述する。


画面上にいる敵クラス(EnemyBase)のヒットポイント(HitPoint : int32型メンバ変数)を見たい場合はこんな感じで、出力結果が表示される。
 



1度入力すると表示が残り続けるので、表示を消す場合は、「displayclear」を入力。




1点だけ注意が必要なのが、C++を基底クラスにしていないクラス(Blueprintが親クラスとなるもの)については対応していないこと。
それでも、こいつはデバッグの効率化がはかれそうだ。





明日からはサンプルデモについて調べてみようと画策中。
UE4はサンプルデモがとても充実してるんだけど、結局中身を理解するには調べるしかないんだよな・・・。

コメント

プロフィール

UnrealEngine4について調べる。
ゲームはそんなに得意ではない。

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

  • [PR]
    PR