忍者ブログ

非現実的な話

ゲーム、UnrealEngine4などの話題を取り扱います。取り扱う内容は個人の範囲で調べたものなのでご利用は自己責任でお願いします。

【UE4】Ver4.8の新機能を使ってみる(Blueprint編 2)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

【UE4】Ver4.8の新機能を使ってみる(Blueprint編 2)

つづき。
英語の読解力がアップする。

---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Added Blueprint node for testing enum inequality (!=)
-新規要素:ブループリントノードにenum型不等号のチェック機能を追加。

enum型の不等式(!=)が使えるようになったっぽい。


---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Added GetDisplayName as an acceptable autocast from object to string
・New: Added GetObjectName to return the exact object name of a UObject
-新規要素:Object型をString型に自動変換する"GetDisplayName"を追加。
-新規要素:"GetDisplayName"によってUObject型クラスの名前を取得する機能を追加。

Objectの名前が"GetDisplayName"で取得できるように。
もちろんObject名は動作環境によって変わりますが。


---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Added new increment, decrement and negate macros
-新規要素:マクロを使用しない新規インクリメント、デクリメントノードを追加。

インクリメント、デクリメントのマクロが使用できるようになった。
"++"とか"--"では検索候補に出てこないので、"Increment"、"Decriment"と入力するように。
あまり直感的ではないかな...

---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Added support for direction flipping for reroute nodes that travel backwards, avoiding the 'topknot' effect
-新規要素:Reroteノードが"まげ"の様にならないよう、反転方向への対応をしました。

Reroteノードの反対方向に伸ばせるように。これでノードもすっきり。


---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Blueprint Call Function nodes will now display localized function names.
-新規要素:関数呼び出しをローカライズ表記に対応。

関数名のローカライズをサポート。関数名は・・・・英語でいいよね。


---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Can drag and drop multiple components variables into a Blueprint to have them all be placed as nodes.
-新規要素:ドラッグ&ドロップすることによって、複数のコンポーネント変数をブループリントに配置できます。

Componentをまとめてドラック&ドロップで持ってこれる。


---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Can undo changes to drag and dropping variables to change category.
-ドラッグ&ドロップによって変数のカテゴリを変更した場合、元に戻すことができます。

変数のCategory移動でundoしたら前のCategoryに戻れるよ!


---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Change to implement the ability to pin reroute node comments that offers an alternative for users to the current display on hover functionality.
-新規要素:Reroteノードにピン留めすることができ、ディスプレイを拡縮しても機能を表示することができる。

Reroteノードのコメントもピン止め可能に。分岐が沢山あるときに重宝しそう。


---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Exposed subtraction of two DateTimes to Blueprint
-新規機能:2つの時刻の差分を取得できる。

時刻の減算もできる。C++がますます不要になるな。


---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Input: Gesture Keys are now blueprint bindable
-新規機能:ブループリントからジェスチャーキーをバインドできる。

入力イベントが増えました。スマホも積極対応。


---------------------------------------------------------------------------------------------
・New: Improved searching for pin type classes to find classes, structs, enums, and objects when searching with a sanitized versus the unsanitized version of the name.
-新規機能:非サニタイズ、サニタイズした名前を持つ構造体、enum、クラス、オブジェクトを検索する際、ピンのクラスも検索対象とする。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------


まだ半分にも行ってないか・・・。
つづく

コメント

プロフィール

UnrealEngine4について調べる。
ゲームはそんなに得意ではない。

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

  • [PR]
    PR